保育士の中途採用について!経験を活かし新たなステップへ

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/08/09


保育士として働いている方の中には、収入アップや希望する労働環境を求めて、別の保育園へ転職したいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、保育士は需要の高い職業とはいえ、中途採用に不安を感じる方もいるでしょう。そこで今回は、保育士の中途採用におけるメリットや経験を活かした自己PRのポイントなどを紹介します。

保育経験やスキルを活かした中途採用のメリット

新卒や未経験者に比べて保育経験者の就職活動には、中途採用ならではのメリットがあります。ここでは代表的なメリットをいくつか紹介していきます。

収入アップが期待できる

中途採用の場合、これまでの保育士のスキルや経験が考慮されるため、給料は高く設定されていることが多いです。とくに金銭面を重視して求人を探せば、大幅な収入アップも期待できるでしょう。場合によっては、役職者を狙えるチャンスもあります。また、保育士の処遇改善が進み福利厚生に手厚い保育園も増えているので、各種手当や補助金、昇給などについても確認しておきましょう。

希望する働き方を交渉できる

中途採用をかける保育施設の多くは人材不足に悩んでいることもあり、経験者であれば待遇交渉も可能です。転職を考えている方の中には、自身の環境変化などにより、仕事と家庭の両立が難しくなってきた方もいるでしょう。

そのため業務内容や勤務時間、休日など自分の希望する働き方を選択し交渉できるのは魅力的といえます。しかし、あまりにも待遇交渉をおこなう姿勢が前面に出過ぎると、印象が悪くなる可能性もあるので様子を見ながら交渉するよう気を付けてください。

即戦力として働ける

中途採用の場合、最低限の知識や経験があることが前提なので即戦力としてすぐに活躍しやすいです。内定から入社までの期間も短く、新卒のように事前研修はなく実際に働きながら覚えていくケースが多いでしょう。また、これまでとは違う保育のやり方に接することにより、経験の幅も広がり今後のスキルアップにつながる点もメリットといえます。

必要な資格や要件の確認と手続き

新卒採用では人柄を重視して選考されることが多いですが、中途採用では社会人としてのマナーや常識はもちろん、これまでの保育士としての知識やスキル、経験が求められます。その中でもとくに、優れたコミュニケーション能力は必須といえるでしょう。保育士の仕事は、子どもだけでなく保護者の方からも信頼され、職場の同僚や上司とも良好な人間関係を築き安全かつ円滑に保育を進めていくことが重要だからです。

また、保育士として中途採用で良い転職をするには、妥協したくない条件や、転職により何を望んでいるのか目的を明確にすることが大切です。希望の働き方をきちんと整理することは、自分に合った職場選びのヒントになり、入社後のミスマッチを防ぐことになります。実際に転職活動を始める際は、保育士専門の求人サイトを活用しましょう。

保育士に特化した最新情報を確認できるので、効率よく転職活動を進めることが可能です。また、中途採用の求人は、求人数が多くなる時期があります。3月は年度の切り替わりや退職などで人材が不足することもあり、1月~2月に求人が増える傾向です。次に、7月~8月もボーナスを機に退職する方がいるため、狙い目といえます。選択肢の多い時期に合わせて活動することで、より良い結果を得やすくなるでしょう。

経験や実績を強調した自己PRのポイント

履歴書を記入する際や面接を受ける際には、しっかりと経験や実績を強調することが大切です。まずは、志望する保育園についてよく調べ、特徴を把握しましょう。応募する保育園ならではの特色に合わせて、なぜこの保育園を選んだのか、どんな保育をしていきたいのか伝えることでアピールできます。

また、自己PRは、これまでの経験をもとに、責任感の強さや共感力の高さ、歌やピアノ、ダンスのスキルなど自分の特技をアピールしましょう。その際、保護者の方や先輩、同僚からほめられたことを具体的なエピソードを交えながら簡潔に伝えるのがおすすめです。中でもとくに効果的なのが、コミュニケーション能力の高さを伝えることです。

子どもや保護者と日々接触する保育士にとって、コミュニケーション能力はもっとも重視されるスキルのひとつといえます。採用する側にとって、即戦力で働ける人は、のどから手が出るほど欲しい人材です。コミュニケーションを円滑にするため工夫してきたエピソードを伝えることで、内定を獲得できる可能性は高まるでしょう。

まとめ

保育士の中途採用について解説してきました。慢性的な人手不足や今後も高い需要が見込まれるので、保育士の求人数は増えており、とくに知識や経験のある中途採用の保育士は歓迎されています。中途採用には収入アップや待遇交渉が可能になるなど、新卒採用にはないメリットがたくさんあります。

しっかりと情報収集し実績を示しながら即戦力であることをアピールすれば、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。キャリアアップを図りたい、自分に合った働き方を実現させたいなどと考えている方は、経験を活かし新たなステップを踏み出してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

保育士資格を活かせる多数の求人から、希望の条件や自分に合う就職先を、自力で探すのは簡単ではありません。求人情報は、公開されている以外にも、非公開の案件が多くあります。転職サービスに登録して、
続きを読む
世田谷区には、令和5年時点で区立45園、私立203園の保育園が存在しています。令和1年時点では待機児童数がワースト1位でしたが、私立認可外保育所を増設するなどの取り組みの結果、現在は0人を実
続きを読む
「小さい頃からの夢だった保育士になったけれど、将来が不安」 保育士資格を取得して手に職を付けたとしても、少子高齢化や給与水準など、保育士としての生活に不安を感じている人も少なくないでしょう。
続きを読む